www.k-towndiary.com

重量税とは、日本の車でもイタリア車等車の生産国やスポーツカー、セダンという車体に関係なく、例えば、ホンダやフォルクスワーゲン、などでも当たり前に納付しなくてはならない税金なんです。新車登録の際もしくは車検を受ける際に支払わなければいけない税金です。この金額は対象となるクルマの重さによって決められています。「自動車重量税」と「自動車税」は全く違うものですので、基礎となる税金を理解して間違えないようにしましょう。「自動車重量税というものは車の重量毎に」「自動車税という税金は車のリッター数によって」その税額が違います。それにより買取する場合の対応も異なりますし、注意しましょう。中古車の買い取りのときには支払った重量税がいくらあっても、その税金が戻ってくることはないのですが、一方で、自動車税でしたら、支払った税額を買取額に上乗せしてくれるといった事例がなくはないですが重量税の場合は上乗せされるようなケースはあまりないのが現状です。重量税は自動車の処分時に納めてある額があるとはいえ自動車買い取り業者にてその事実が忖度される場合は少ないものなのです。ですから次回の支払い、要は車検まで処分するのを少し保留し売却をするという手段が無駄は少ないでしょう。中古車の引き取り時は考慮してもらえないのが重量税ですが、特定の事例では返還されることもあるのです。それは次の車検までの期間が残ったままの廃車にしてしまう場合です。というのは抹消登録をした場合残っている期間に応じた額が返金されます。ですが、車の売却の際はその自動車が廃車になるのとは違って還付されません。そして、手放す車の名義を変更してしまった時や盗難被害に遭った場合も還付を受けることはできません。自動車重量税が残っている期間がある愛車を手放すイコール要するに車検の効力がまだあるクルマです。その辺りを店側も計算に入れますから、重量税が残存していればそれなりに査定額が増えると思います。勿論売却額は店舗次第で違ってきますが車検が残っているということを考慮していただければ、手放す自動車の買取額と比較するとそこまで払い損と考えることもありません。

Link

Copyright © 1996 www.k-towndiary.com All Rights Reserved.