1リッターより小さいならば29500円1リッターより上

車に乗るあなたならば承知しているものですが自動車税なるものが徴収されます。アヤナス店舗

そしてこの税金は、中古車の売却時に普通に還付されるのです。qupa.com

これって本当に実行するとすぐ理解できますがそれでは一つずつ順に分かりやすく説明します。話題の人物

ちなみに記載させて頂けば、日本のメーカーの車に限らず外車などでも税が還ってくることになっています。アイランドタワークリニック

当然車などもそうですね。

自動車税という税金は車を所有している人が支払うものですが、税額は車の排気量の大小により規定されています。

1リッターより小さいならば29500円1リッターより上で1.5リッターまでなら34500円。

これ以降は500ccごとに5000円ずつ増えます。

また自動車税は4月1日の時点で車を所有している人が、来年3月までの全額を納める決まりです。

要は前払いになるということですから、自動車を売却して、所有者でなくなった時は先に払った分の税金は還ってくるのです。

自動車税の場合は先払いで年度内の金額を納めるので一年以内に愛車を売った場合には新しいオーナーが自動車税を支払わなければいけないということです。

買取先が専門店の場合は売却時にあなたが払いすぎた税額を返金してもらえます。

所有権が移った際より後の自動車税は、新しいオーナーが納付義務を負います。

例えば自分が10月の間に自動車を売ったケースでは11月から翌年3月までの払った税金は戻ってくるのです。

というのも前も述べた通り自動車税という税金は先払いであるという決まりからもわかります。

つまり、前オーナーは買い取った相手に払いすぎたお金を返してもらうということです。

個人で車を売却する場合結構このようなことに気づかない人がよくいるため、確認するようにしましょう。

自動車税が自動車を売却すると還ってくるということを意外に知られていない事を利用して、そのことを悪用している悪質業者もあります。

自分から返金について話を切り出さなければ、完全に自動車税のことに関して触れないという場合もたびたび聞かれます。

なので自動車の買い取りを頼む際には払いすぎたお金が戻ってくることの確認を忘れないようにしなければなりません。

Link

Copyright © 1996 www.k-towndiary.com All Rights Reserved.