別の有しているカードさえも失効扱い

換金目的で新幹線等の乗車切符等を多量に購買してしまう》カード現金化というもの使用しないで、自ら現金化する目的にてカードで決済をすることでも同じ事です。

現金化することを目的としているカードの決済というのは、クレジットカードの契約条項違反になってしまうことからです。

新幹線等の回数券・切手通販等においてのクレジットカード決済というものは、現金化する目的なのではないか?などというようにマークされることがありますので、細心の注意したほうが良いでしょう。

使用時にキャシング利用可能枠の方が上限となられてしまっている契約者場合では列車の乗車切符等を決済することにトライするだけであってもクレジット会社の担当者から確認の電話が入ってしまうことがあるから資金がない時の決済は不可となってしまうと考えられます。

困っている時において企てるものはみんな同じようなものなのです。

クレジット発行会社に不都合な使用をする》以前に流行していた『永久期間』のように、カード発行会社の立場からみてほんの少しもメリットにならないような不正な利用方法をした場合クレジットカード会社の判断で強制没収という処理がされる事実がある。

インターネットに話題となったカードポイントの不正入手のような世間に認知されていないやり方が存在したとしてもそんな方法については絶対にカード会社の規定に反する行為なのだから絶対に試さないようにしないほうがいいです。

没収させたられてしまったカード情報は出回る)クレカを失効させられてしまったとしても、違う会社のカードについては利用できるんだから1枚くらいであれば大丈夫でしょう?とか考えた方は今の情報化社会ではその考えが信用を消失する危険性があります。

それは、強制退会となるケースになるとカード会社各社が問い合わせ出来る信用情報にそういったデータが更新されてしまうため、信用力というものは大きく下がる事例もあるからです。

持っている一つですら強制退会となった場合、それ以降クレジットまでも審査に通らなくなることもありますし、さらに別の有しているカードさえも失効扱いになる可能性もあるのです。

それは免れて継続して使用できる場合も更新になると使えなくなることもあり得ます。

述べたように、強制没収という処理がされるほどの利用方法は何があってもなさることのないよう規約に則って使って頂きたいと思っています。

Link

Copyright © 1996 www.k-towndiary.com All Rights Reserved.